FC2ブログ

2018年度 CAT舞台研究所 修了式!!

ついにこの日がやってまいりました!
そうです!!

『2018年度 CAT舞台研究所 修了式』

CAT社員は研究生の1年間の頑張りを称え、
研究生は1年間学んだ成果を、
ライティングショーという形で披露する日です!!

先輩社員たちも感慨深くその時を待っています・・・

社員待ち

さあ!時間になりました!!

司会の準備はOK!

司会

オペレーターの準備もOK!!

くわさん

さあ! いよいよ研究生の入場です!!
👏👏 パチパチパチパチ・・・

若干緊張の面持ちで入場しています(^^♪

入場1

入場2

まずは修了賞状授与!

賞状1

賞状2

所長からの祝辞や

所長挨拶

講師陣からの祝辞も頂きました!

講師挨拶

そして、研究生からの挨拶も!!

挨拶1

挨拶2

松尾

先輩社員も一年間の思い出を
振り返りながらしんみり聞いていますね〰

研究生のあいさつも終わり
いよいよメインイベント
ライティングショーです!!
さあ、ここで一年間の成果を発揮しましょー!

オペ1

あかり1

あかり6

あかり8

オペ2

あかり2

あかり4

先輩見守り

先輩社員も見守っています・・・
がんばって!!

あかり5

オペ3

あかり7月

お見事!!

いや〰1年間の成果を無事発揮できたようですね!!
かっこよかったー!!

最後にみんなといっしょに
パシャリ♪

全体写真

4月からはCAT社員として働く研究生!
お互い切磋琢磨して、素敵な照明さんになりましょう!!

修了おめでとうございます!!


P.S.

その日の最後には社員みんなからの
メッセージ色紙もいただきました!

色紙2

色紙

一年間お疲れさまでした☆
スポンサーサイト

修了式の準備!!

みなさんこんにちは!
3月ということで世間は卒業シーズン!!
CAT舞台研究所も例外ではありません!!
修了式の時期になりました!!

CAT舞台研究所ではこれまで学んだことを生かし
研究生自身でステージを作り上げます!!

ということで早速その模様を見ていきましょー!!

仕込み図

ふむふむ、今回はこんな仕込みなんですね〰
どうやら今年はムービングライトも仕込むようです
気合にみなぎってますね!!

機材だし

何はともあれ機材出しからスタートです!!

イントレ運び

イントレ仕込み

イントレ立ってる

そしてイントレを立てていきます。
イントレとは照明機材を吊る為の
鉄骨タワーのようなものです。

ゴボ替え

ゴボ替え2

今回はゴボも変えるよですね!!

ゴボとはムービングライトの光から絵や模様を出すために使用するもので、
例えば、星を出したいのなら下の写真のような丸い金属、
もしくはガラス製の絵が描いた板をムービングライトの中に入れて使用します。

ゴボ

ゴボ替、イントレのスタンバイも終わり
いよいよムービングライトを吊っていきます!

ザイル

ザイルつり上げ1

ザイルつり上げ2

ザイルつり上げ3

ムービングライトが上空に吊り上げられていきます!!

イントレ仕込み1

着々と仕込みは進んでいきます!!

スクリーン

照明仕込みが落ち着いたら次はセットです!!
まずはスクリーン!!

平台敷き

次に舞台となる平台を敷いていきます。

赤パンチ

赤いパンチできれいに装飾も!!

イントレシュート

イントレシュート2

ここまで終わったら一度シュートをしていきます。
今まで教わってきたことを生かし頑張ってシュートしています!!

シュート見る

シーリングのシュート見る

自らシュートするだけでなく、
正確に光が当たっているか自分で見て
シュートする人に指示を出したりもしています。
頑張って!!

パネルたて途中

シュートも一通り落ち着いて、
パネルを立てていきます。

パネルも立てて残りのシュート

パネル建ても無事終わり、
残りのシュートをしていきます!!

卓設置1

卓設置2

仕込み、シュートも終わりいよいよ打ち込みです!!
打ち込みに向けて卓を設置しています。
やるぞー!!!

打ち込み

打ち込んでいます!!
修了式では卒業制作の一環で、
式中にライティングショーを行います
それに向けて打ち込んでいるんです!!

かわいい明かり

かわいい!!

必死に打ち込み

必死に打ち込んでいます!!

かっこいい明かり

かっこいい!!

さあ!!
明日の修了式では
どんな明かりを見せてくれるんでしょうか??
楽しみですね!!

メット

おしまい!

レーザービーム♪

みなさんこんにちは!
2月も後半戦です。
だんだん暖かくなり、お出掛けするのにも楽しい季節になってきましたね!!

今回は光学基礎という授業の中で、レーザーについて勉強しました!

レーザー見本

レーザーは光の線で絵や文字を出したり光線で演出したりと、
照明とはまた違った効果があり、インパクトも絶大です。
よってコンサートなどでは、
【ここぞっ!!】という時に使われることが多いんです!

ということで、まずは座学でレーザーを使うと
どういったことが出来るかを学んでいます!

座学

こんな絵も出せるんですねー

画像

さあ、次は実際にレーザーを出してみましょー!!
ということで設置作業をしています!

ミラー設置1

ミラー設置2

これはミラーを設置する作業です。
このミラーをあらゆるところに設置して、
レーザー本体から照射された光線がミラーに反射することで、
冒頭の写真のようなランダムなビームを表現することが出来るんです!!

設置が終わったら次はシュートです!!
ここは照明と同じですね!
あらゆるところにミラーを向けて、ランダム感を出していきます。

ミラーシュート1

ミラーシュート2

ミラーのシュートも終わり、
実際にレーザーを見てみましょー!!

緑

フルカラー

レーザーといえば緑のイメージがありますが、
今では色んな色が出せるんですね☆

今回は照明とは少し違うレーザーという分野を学ぶことができて、
研究生も非常に刺激になったようです。

今日も一日お疲れ様でした!!

ピンスポット!!

みなさんこんにちわ!!
2月に入りかなり寒くなってきましたね!!
舞台研究所のカリキュラムも、
あと2ヵ月弱となってきました。
最後の追い上げということで、
今日も頑張ってお勉強です!!

今回はピンスポットの練習です!!

ピンスポットとは主に人物を明るくするライトで、
舞台上を動き回る演者を手動で操作することで、
追うことが出来るスポットライトです!
すなわち、このピンスポットがないと、
演者を常に明るくすることができず、
舞台照明の中でもっとも大切な部分を担っています!!

また、単に明るくするだけでなく、音に合わせて
点けたり消したり、大きくしたり、小さくしたり、色を入れてみたり
することで舞台を演出します。

今回はとある曲をどのようにピンスポットで演出するかをプランして
実際に操作してみるという一連の過程を体験してみました。
カリキュラムも終盤になってきたこともあり、
授業も一気に実戦的になってきましたね!!

まず、曲を聴いて譜割作業を行います。
譜割というものは、曲を4拍子でカウントしながら
数字に変換する作業です。
この譜割された数字を元に、どのタイミングで
どういったピンスポット演出をするのかを考えます。

びでお

2018星野譜割

先輩社員のお手本を見せてもらいます。
いろんな情報が載っているのが分かりますね!

2018研究生の譜割

実際に曲を聴きながら譜割をします。

2018譜割 ピン

譜割が出来たら、ピンプランを譜割上に書いていきます。

ピンプランも完成!!
いよいよピンスポットを振ってみます!!
(ピンスポットを操作することを『ピンを振る』といいます)

と、その前に、実際のピンスポットを振る前に、
体を使いながらイメージトレーニングをします。

イメトレ1

イメトレ2

先生の指導を受けて、実際に降ってみましょう!!

イメトレ本人

イメージトレーニングもばっちりです!!
さあ、いよいよ本番です!!

ぴん1

ぴん2

おれ

かっこいい・・・

ピンスポットの練習は去年から行われていたため
大分上達してきたようですね!!

ピンスポットは練習すればするほど上達するといわれています。
今後も沢山練習して、立派な照明さんになってくださいね!!

今日も一日お疲れ様でした!!

12月の現場実習!!

みなさんこんにちは!!
2018年も残りわずかとなってきました。
みなさんは今年やり残したことなどありませんか?
CAT舞台研究所では今年に悔いを残さないよう
精一杯活動しています!!

今回は東京芸術劇場シアターイーストで
おこなわれた公演のレポートをお送りします!!

今回の劇場は通常のタイプとは少し違います。
これまでのようにサスやバトンを仕込み時に
下まで降ろして吊込みをするのではなく
グリッドと呼ばれる上空の躯体に
直接吊ることになります。

2018グリッド

よってこのタイプの劇場での作業は高所作業
となってしまう為、ヘルメット、安全帯の
装着は必須です!!

研究生もしっかり装着して
一緒に仕込みに参加させてもらいました!

先輩社員の説明をしっかり聞いて

2018 12月 1

回路を取ったり

201812回路

色入れしたり

201812色

シュートもさせてもらいました!!

201812シュート

今回は明かり作りまでの参加でしたが、
前回のステージアートで明かり作り
について学んだことで
この場所に吊られているライトが
お芝居の中でどういう役割を果たすか
などの理解が深まったようで
非常に有意義な実習になりました!!

今回もお疲れ様でした!!
プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード