fc2ブログ

光学基礎

皆さんこんにちは(*^▽^*)
舞台研究所が新年度に入って一ヶ月が経ちました。研究生にとってはあっという間の一ヶ月だったかと思いますが、
まだまだこれから学べる事は沢山あります!

本日は、研究所の授業の一つ光学基礎についてをお伝えします‼️

光学基礎とは??

光や色がある生活は私達にとって当たり前のものですが、舞台照明はそれらを利用し芝居の表現の一つとして、またコンサートやイベントでのライティングなどに活用します。
ですが私達が実際に見ている色は本当にその色なのでしょうか🤔
人の目を利用する事で多くの表現が出来る事は知っていますか?

それらを詳しく学ぶのが光学基礎です💡

本日は実験を交えて研究生の様子をお伝えします🧪🧪🧪

IMG_2777.jpeg

こちらの写真ですが、資料に二つの絵が描いてあり、片方の目を隠してもう片方の目で二つの内一つの絵を見たままある距離感になると…もう片方の絵が消えてしまいました👀‼️
一つの絵を見ていたから見えなかったのでは、ということではなくこれには目が関係しています。
簡潔にいうと物を見る時、目でそれを見たという信号が脳に送られて伝達される事で物を認識出来るのです。
簡潔にとはいうものの、言葉にするとなかなか難しいものです(-_-;)

そこで目がどう関係するのかの実験を他にも行いました。

IMG_2770.jpeg


こちらの写真は、イラストの中に猫なのか、他にも何かがいるような絵ですが色々な色が混ざって何の絵なのかわかりません(−_−)??
ここでこの絵に光の三原色であるの明かりを出して見てみます!

光の三原色とは?

IMG_2775.jpeg

こちらの絵を見たことがある方も多くいると思いますが、こちらは加法混色といい、色を足していく事で様々な色が作れます。
今回は赤・緑・青の三色を使って足していく加法混色を用いてこのイラストが何なのかを見てみました👀

まずの光を当ててみると…

IMG_2771.jpeg

違う絵が出てきました👀‼️‼️
次にで当ててみると…

IMG_2772.jpeg

違う絵になりました🖼
そしてにすると…

IMG_2773.jpeg

また違う絵になりました!
一枚の絵に赤・緑・青の三色で三種類の絵が出来た事に研究生もビックリです‼️
こうして色と光、更に目が関係して舞台照明において活用される事で様々な表現が作れます。

これを光学基礎で学ぶ事が出来ます!
他にも舞台研究所では沢山の授業を受ける事が出来ます✍️
他にどんな授業があるのか気になったら舞台研究所のホームページやこちらのブログやInstagramでご紹介しているのでご覧ください‼️

本日もお疲れ様でした👋

CAT公式ホームページ

舞台研究所ブログ

CAT舞台研究所Instagram
スポンサーサイト



2021年度入所式

皆さんこんにちは😄

新生活、新年度のスタートダッシュはいかがでしょうか?

4月なのにもう暑いですよね〜

 S__174153731_convert_20210429222945.jpg

さてCATでは2021年度も舞台研究所の新学期がいよいよ始まりました。

 

舞台研究所は1年で照明を主軸としつつあらゆる角度から舞台芸術というものを勉強・体感・見学することができます。

 入所式005

今年の研究所生もブログでお顔はお見せできませんがみんなキラキラしています✨

 

毎年、研究生は十人十色でユニークな個性を持っています!さぁ、今年の研究生はどんな色を見せてくれるのでしょうか?!

 FC案内029_convert_20210429223456

 

2020年度修了式⭐️

みなさん、こんにちは!
すっかり春になり、桜の季節となりました🌸
FAF2C4AC-FF2E-4A77-B51C-567EAF46D359_convert_20210327213637.jpeg


先日、CAT舞台研究所2020年度修了式が行われました!
コロナでスタートが遅れたり大変な一年でしたが、無事に修了式を迎えることができました😃
今回は一年の締めくくりの修了式をご紹介いたします!


修了式は舞台研究所で学んだことの集大成なので、会場の設営から始まります。
ステージの設営→パネルや幕の設営→照明の仕込みの流れで設営を進めます!

469CD7F7-2F2C-46DC-9CEB-EA9741506071_convert_20210331193106.jpeg

社員と力を合わせて仕込みます!

1DA4A502-7580-4EB0-90AE-2BE6AB345C70_convert_20210331193041.jpeg

立派なステージが完成!!

991C8006-E0FB-4DB6-942E-C27695A3F7E6_convert_20210331193411.jpeg

いよいよ修了式本番です!
修了証書の授与が行われます

344D8477-1C1C-47C8-A6AC-22B3D853E581_convert_20210331193312.jpeg

最後はライトショー!!
舞研生がこの一年で学んだことを生かして、自分で考えて作り上げたライトショーです😍

8F86F4E7-52BF-439C-895D-02F746765157_convert_20210331194055.jpeg

DB589516-C49F-4E69-AA0E-E79F95A7EF97_convert_20210331194034.jpeg

0BB51099-ABD6-4281-B14E-83CA30B3BF69_convert_20210331193608.jpeg

このご時世で思うように実習が出来なかったり苦しい思いをした一年でしたが、
耐え抜いた舞研生にはきっと明るい未来が待っています⭐️
卒業おめでとう㊗️
舞研生のそれぞれの道を応援いたします!

B1990181-E189-402E-9A36-D93CACE04754_convert_20210331195719.jpeg

修了式の様子はInstagramでもご紹介しています!
ぜひご覧ください♡
CAT舞台研究所Instagram

【現場実習】D-mc25th presents 『PIECE』後半

皆さんこんにちは😃
今回は前回の現場実習についての続きです!
後半ではまず「シュート」から始まります!

シュートとは、前回お伝えした「仕込み作業」で仕込んだ灯体の明かりを舞台上で欲しい所に当てるために行う作業です。
これが最も大変な作業だと私は思っています…💦でもステージで輝くキャストさんのため、カッコいい明かりを作り上げるための大事な作業です!

今回はシュートにも参加させて頂きました♪
実際に体験することでどのように明かりを作っていくのか、少しのずれも気がついたら調整する事の大切さを学べました。

20210305133619d89.jpeg


シュートが終わってこれがお芝居なら次は「明かり作り」に入りますが今回はダンスでまた特殊なのでその説明はまたの機会でしたいと思います😌


他にやる事はないかな、となった所で空いた時間で
「ケーブルや灯体などの養生 」もします!

仕込んだし明かり作りもやったからもう大丈夫👌

なんて事はありません!

ステージ上に置いてある灯体に繋いだケーブルが、キャストさんの足に引っ掛かって転んでしまわないように
マットを敷いて固定したり、本番中に置いてある灯体が動いてしまわないように固定するなど、安全に本番を迎えられるようにする為にもやれる事はとにかくやりますo(^o^)o

思いやりが大事ですね😌
そんな思いやりのある作業も一緒にやらせて頂きました。

202103051336264e1.png

20210305133632624.jpeg


そしていよいよここからキャストさんを交えて行う「場当たり」に入ります!

本番でどのタイミングで出てきて、ここで明かりや音が欲しいなどキャストさんと裏方が劇場に入ってから初めての共同作業になるので、この時間がどう本番に繋がるのか実際に目で見て勉強しました。
ここまで作ってきたものが、キャストさんや音楽、演出が加わる事で舞台がどのように進化するのか
今回の場合は大学生の皆さんが明かりの要望を出してくださり、その要望に応えつつ新しい提案をして作り上げていきます。
そんな臨機応変かつ親身に考える社員さんの姿に研究生の皆さん感動していました‼️

20210305133639369.jpeg

2021030513364480d.jpeg


明かりの中で踊るキャストの皆さん…とてもかっこいいです!

今回は本番と同じ流れを通して行う「ゲネプロ」まで参加させて頂きました。

研究生の皆さんは…

•ダンスの舞台を初めて見て、自分が今まで見てきたライブの照明やお芝居の照明とはまた違って、とても新しい体験が出来ました。

•自分の役割をしっかりやる事が大切だとわかりました。
ダンスの照明を見て人の当て方や音楽の合わせ方を学びとても勉強になり卒業制作の参考にしたいです。

と感想を述べてくれました。
そして最後の文にあった卒業制作とは!!

一年の締めくくり、舞台研究所最大のイベント!
🌸修了式🌸にて卒業制作発表を行います!

舞台研究所で学んだ事を発表する大事なイベントです(°▽°)
現在研究生の皆さんは発表に向けてどんなステージを作るか日々考えています🔥
本番はもうすぐです!現場実習で学んだ事を糧に、卒業制作成功できるように頑張りましょう💪

舞台について学びたい、舞台照明家になりたいという方、少しでも気になった方は是非下のURLから

CAT公式ホームページ

CAT舞台研究所ホームページ

CAT舞台研究所公式Instagram


【現場実習】D-mc25th presents 『PIECE』前半

みなさん!
あけましておめでとうございます🌅
2021年になりました👏昨年はコロナの影響により舞台研究所の開講が例年より遅く、舞台研究所の授業の一つである
現場実習を行う事も厳しい中でしたが…。

なんと‼️
12月21から23日に埼玉県にある三郷市文化会館にて行われました、立教大学ダンスサークルさんの公演
D-mc25th presents 『PIECE』
にお邪魔させて頂きました♪

現場実習とは、現場で活躍しているプロの舞台照明家さん達が実際現場ではどんな事をしているのか、研究生の皆さんも機材に触れたり目で見て勉強したり、現場の空気を感じることの出来る
舞台研究所の目玉となる授業です!!

今回は前半と後半の二回に分けて現場実習の内容をお伝えします(*⁰▿⁰*)


まずは、劇場に入ってから一番最初にやる事は 「図面の打ち合わせ」 です。
会社から持ってきた機材をどこで使うのか、どうやって機材の電源を取るのかなどの説明が行われる大事な時間です!
劇場に入ったらすぐに作業開始!…という訳ではありません(^_^;)
前日の内に打ち合わせが出来ていればまた少し違いますが、研究生の皆さんは今回プロの舞台照明家である社員さん達と一緒に打ち合わせから参加させて頂きました!
初めて参加する現場の打ち合わせに研究生の皆さんは勉強になりました(^^)

5A40D28B-8BAA-4871-BC98-2B685B381BAD.jpeg


一番最初に身体を動かして行う作業は 「持ち込み機材の搬入」 です。
これに関しては打ち合わせが先か搬入が先か前後しますが、機材を劇場に入れる時もまず何から仕込むのか、
どのケーブルを使うのか、また機材を溜める場所にどうまとめるのか考えながら持っていきます。
ただただ劇場の中に入れればいいという訳ではないので大変ですね💦


一連の事が終われば、いよいよ 「仕込み作業」 に入ります。

まずはサス(吊り物)から仕込みます。こちらは実際の作業を近くで見学させて頂きました!
仕込みは時間をかけすぎず、かつ安全に丁寧に行う事を心がけますが…沢山の現場で活躍されている社員さん達のテキパキとこなす姿に研究生の皆さんビックリです👀
初めての現場実習ならではの反応でした。
更に各自の担う役割がどれだけ大事か、そこから現場ならではの空気を感じる事も出来ました。
現場で活躍している社員さんの姿を目標に頑張って勉強していきましょう✨✨

D80674DE-9A96-4BB6-AB21-D72640DD1C3E.jpeg


舞台では、照明以外にも音響さんや大道具さんなどスタッフの中には沢山のセクションがあります。
なので仕込みの順番や吊り物を吊っているバトンの高さを決めるタッパ決めなど、互いに協力し合う事が大事になります!


E40D8C03-190C-47BF-86D8-BF43E677FE1E.jpeg


その為、仕込む際の流れも様々ですが…今回❗️ ステージ上での仕込み作業に参加させていただきました‼️
貴重な体験が出来ました(^∇^)
緊張の中、社員さんの指示の元頑張って仕込みました👏


89897CA8-24FC-4AA1-963B-60D8A54FCA3C.jpeg


さて、前半はここまでです!
次回、後半ではシュートや明かり作りから場当たり、ゲネプロが行われるまでの流れをお伝えしていきます!

本日もお疲れ様でした(^O^)

舞台について学びたい、舞台照明家になりたいという方、少しでも気になった方は
是非下のURLから

CAT公式ホームページ

CAT舞台研究所ホームページ

CAT舞台研究所公式Instagram





プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード