FC2ブログ

ピンスポット!!

みなさんこんにちわ!!
2月に入りかなり寒くなってきましたね!!
舞台研究所のカリキュラムも、
あと2ヵ月弱となってきました。
最後の追い上げということで、
今日も頑張ってお勉強です!!

今回はピンスポットの練習です!!

ピンスポットとは主に人物を明るくするライトで、
舞台上を動き回る演者を手動で操作することで、
追うことが出来るスポットライトです!
すなわち、このピンスポットがないと、
演者を常に明るくすることができず、
舞台照明の中でもっとも大切な部分を担っています!!

また、単に明るくするだけでなく、音に合わせて
点けたり消したり、大きくしたり、小さくしたり、色を入れてみたり
することで舞台を演出します。

今回はとある曲をどのようにピンスポットで演出するかをプランして
実際に操作してみるという一連の過程を体験してみました。
カリキュラムも終盤になってきたこともあり、
授業も一気に実戦的になってきましたね!!

まず、曲を聴いて譜割作業を行います。
譜割というものは、曲を4拍子でカウントしながら
数字に変換する作業です。
この譜割された数字を元に、どのタイミングで
どういったピンスポット演出をするのかを考えます。

びでお

2018星野譜割

先輩社員のお手本を見せてもらいます。
いろんな情報が載っているのが分かりますね!

2018研究生の譜割

実際に曲を聴きながら譜割をします。

2018譜割 ピン

譜割が出来たら、ピンプランを譜割上に書いていきます。

ピンプランも完成!!
いよいよピンスポットを振ってみます!!
(ピンスポットを操作することを『ピンを振る』といいます)

と、その前に、実際のピンスポットを振る前に、
体を使いながらイメージトレーニングをします。

イメトレ1

イメトレ2

先生の指導を受けて、実際に降ってみましょう!!

イメトレ本人

イメージトレーニングもばっちりです!!
さあ、いよいよ本番です!!

ぴん1

ぴん2

おれ

かっこいい・・・

ピンスポットの練習は去年から行われていたため
大分上達してきたようですね!!

ピンスポットは練習すればするほど上達するといわれています。
今後も沢山練習して、立派な照明さんになってくださいね!!

今日も一日お疲れ様でした!!
スポンサーサイト

12月の現場実習!!

みなさんこんにちは!!
2018年も残りわずかとなってきました。
みなさんは今年やり残したことなどありませんか?
CAT舞台研究所では今年に悔いを残さないよう
精一杯活動しています!!

今回は東京芸術劇場シアターイーストで
おこなわれた公演のレポートをお送りします!!

今回の劇場は通常のタイプとは少し違います。
これまでのようにサスやバトンを仕込み時に
下まで降ろして吊込みをするのではなく
グリッドと呼ばれる上空の躯体に
直接吊ることになります。

2018グリッド

よってこのタイプの劇場での作業は高所作業
となってしまう為、ヘルメット、安全帯の
装着は必須です!!

研究生もしっかり装着して
一緒に仕込みに参加させてもらいました!

先輩社員の説明をしっかり聞いて

2018 12月 1

回路を取ったり

201812回路

色入れしたり

201812色

シュートもさせてもらいました!!

201812シュート

今回は明かり作りまでの参加でしたが、
前回のステージアートで明かり作り
について学んだことで
この場所に吊られているライトが
お芝居の中でどういう役割を果たすか
などの理解が深まったようで
非常に有意義な実習になりました!!

今回もお疲れ様でした!!

ステージアート!!

みなさんこんにちは!
11月に入り、かなり寒くなってきましたね!
みなさんは風邪などひいていませんか!?

今回はステージアートの授業風景をお伝えします!

ステージアートでは実際の舞台作品に携わった照明プランナーが、
図面、台本、映像を見ながら解説していくという
非常に興味深い授業なんです!!

今回の題材も実際の2.5次元作品の
照明プランナーによる授業でした!


2018年11月舞台平面図1


見ている図面は舞台平面図のようです。
今回の作品で使用されたセットについて説明されています。
照明プランをおこなうにあたって、まずセットを理解することは
非常に重要なんですね〰


2018年11月舞台平面図定規


定規で測った長さから、図面の縮尺分を掛け算して実際の寸法を割り出します。


2018年11月舞台平面図立体


平面図(上から見た図)と実際の立体写真を見比べながら理解を深めていきます。
ふむふむ・・・

セットの理解も深まったところで次に照明図面の説明です!

このセットを綺麗に見せるためにどんな明かりが必要で、
その明かりを出すにはどんな仕込みが必要かということを
図面を見ながら解説しています。


2018年11月照明図面1

2018年照明図面2


時には絵を描いて説明しています。


2018年照明図面3

2018年照明図面4

2018年照明図面5


断面図(横から見た図面)を見て検証しています。
これにより、光を遮るものはないか
客席のお客さんから見て眩しくないかなどを
検証しているんですね〰


2018年11月断面図

2018年11月断面図2


一通りの図面説明が終わったところで
最後に実際のビデオをみながらそれぞれのシーンの説明をしています。
図面と照らしあわせながら実際に出た明かりについて解説していきます。


2018年11月ビデオ1

2018年11月ビデオ2

2018年11月ビデオ3


いかがでしたか?!
今回の内容は実際の照明プランナーから
生の解説を受けながらの授業ということで
研修生としても非常に刺激になったようです!

このようにCAT舞台研究所では
照明プランナーの生の声を聴ける機会がたくさんあります!!
これも、日々舞台照明業務を営みながら運営しているからこその環境ですので、
興味をお持ちの方は是非ご応募お待ちしております!!

詳しくは↓こちら↓まで♪
2019年度 研究生募集中!!

今日も一日お疲れさまでした!!

ダンス公演!

みなさんこんにちは!
夏休みも終わりまだまだ残暑が続く今日この頃
皆さんは夏バテなどしていませんか!?

CAT舞台研究所は夏休で養った英気で
今日も頑張ってお勉強です!!

今回はダンス公演の現場にお邪魔しました!

場所はサンリオピューロランドに程近い
パルテノン多摩!


2018年パル多摩


仕込みも参加させていただきました!!


2018年9月 仕込み


先輩社員の機敏な動きに
ついていくのがやっとの様子・・・

がんばれー!!



20189月 PIN


今回は特別にPINの練習も少しだけさせてもらいました。

PINが大きい!
舞台まで遠い!

こんなもの操作できるのっ??

大丈夫です!!
CAT舞台研究所でみっちり勉強してプロになれば
立派なPINオペレーターにきっとなれますよ!!



2018年9月 場当たり


照明かっこいい!!


2018年9月本番


演者の人たちも楽しそうだな~


今回は
・会社でのスタンバイ
・仕込み
・リハーサル
・本番
・ばらし
・会社での機材撤収まで
全ての流れを体験させてもらいました。

あんなかっこいい照明の裏で
色んな苦労があるんだな~と
知ることができました!

今日も一日お疲れ様でした!

現場見学 『THE CIRCUS! -エピソード2-』

皆さんこんにちは!!

6月に入り雨が多い季節になりました。
皆さんは湿気で気分が沈んでいませんか?
CAT舞台研究所は湿気にも負けず
心はカラッと今日もお勉強です!!

今回はよみうり大手町ホールにて
6月17日~7月1日まで行われます
『THE CIRCUS! -エピソード2-』という公演の
現場見学をレポートしちゃいます!!

よみうり


今回も仕込みから明かり作り
までを見学させてもらいました!


2018 6月シーリング


シーリングライトのシュートも
経験しちゃいました!!

シーリングライトとは客席上空に設置されたライトで、
前から舞台を照らすことで舞台全体を明るくするものです。
カーテンコールなどの大勢の人が舞台に立つときに使われます。
このライトが無いとフィナーレが盛り上がらない!!

明かり作りの様子です!

2018 6月明かり3

2018 6月明かり2


なっ何か暑そう・・・

2018 6月暑そう


2018 6月明かり1


どんな明かりになるのか楽しみだな~


2018 6月 MA2


今回の操作卓
【Grand MA2 Light】です。
これで全てのライトを操作しています。
コックピットみたいでかっこ良い!!

2018 6月場当たり


場当たりはPINルームから見学させてもらいました。
PINルームは客席上空にあるため、
客席で見る景色とはまた違っていて驚きですね!!


今回も楽しい見学になったようでした。
現場の空気を肌で感じることで
また少し成長した様子でしたね。

今回もお疲れ様でした!!
プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード