スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェック!チェック~!

こんにちは!
最近は夏のように暑い日があったかと思ったら、
いきなり雨が降ったりと、忙しい天気ですね~。

さてさて、最近の研究所ではどんな授業をしているのでしょうか?
今回は、ある雨の日の授業風景をお伝えしようと思います。

CAT舞台研究所の授業は毎日4時限(1時限:90分)あります。
実習や講義など様々な授業がありますが、
今回は作業実習の授業をとりあげてみましょう。

CAT舞台研究所の講師は皆、実際に現場で活躍するプロ!
CATが所有する豊富な機材を使用し、
実践的な操作方法を説明しながら、
実際に機材に触れ、プロの技術を身に付けていきます!


戻り機材チェック1

上の写真は、現場から戻ってきた機材をチェックしているところですね。
このように、CATの社員が行っている作業に、
研究生も加わって実習が進められることも多いです。

照明の仕事で一番!と言ってもいい程大事な、灯体のチェック。
CATでは現場から戻ってきた時に、
点灯チェックのほか、コネクタや落下防止ワイヤーのチェックなどを行います。

この作業を確実に行うことで、機材が正常であることを確認して、
これで一つの仕事が終わったことになるんです。
そして、次に使用する現場用のスタンバイに回すわけです。

目には見えない部分ですが、
コンサートやお芝居など、様々な現場で確実に作動するように、
現場でのトラブルを防ぐ為に大切な行程なのです!

研究生も実習の中でこのチェック作業に加わり、
実際の機材に触れることで、
その機材の特徴・操作の仕方などを覚えていきます!


スモーク1

次はコンセプトというスモーク機材をチェックしているところです。

スモークとは煙のことですね!
煙のある空間では光が目に見えやすくなります。
照明は光を操る仕事なので灯体はとても大事ですが、
その光を実際に目に見えるようにしてくれるスモークも重要です。

CATではスモーク機材を6種類程、保有しています。
今日も現場から戻ってきたスモーク機材をチェックです!
現場でどのように使われていたのか、講師からの説明もあります!


スモーク2

こうやって煙がちゃんと出るかチェックするんです!


スモーク3

ふたを開けて、中もチェックします。

他にも、様々な種類の機材があります。
そして作業実習も毎日あります!
日々の実習の積み重ねで、
1年後には多くの機材に詳しくなっているんですね~!

まだまだ5月!勉強は始まったばかりです!!

さて、次回の「今日の研究所」では…、
メンテナンスの授業を紹介する予定です!お楽しみに☆
スポンサーサイト
プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。