スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別講義ッ!

みなさんこんにちは!
サッカー初戦……負けてしまいましたねー。
でも日本中大盛り上がりですね!!
日本代表のユニフォームを着て応援したくなります。
みんなで同じ気持ちで応援するって気持ちいいですよね!
夏にぴったり!
まだ梅雨終わってないらしいですが……。


さて、今回は、特別講義の授業にお邪魔してきました。
担当の講師は北寄﨑先生です。
20140528 特別講義2

北寄﨑先生は、以前は国立劇場の舞台技術部技術課で
照明としてずっと活躍された後、ご自身で会社を設立されて、
さまざまな公演の照明デザインを手がけていらっしゃいます。
CAT舞台研究所では特別講師として教壇に立ってくださっていますが、
他にも、日本大学芸術学部講師・京都造形芸術大学客員教授を
勤めていらっしゃいます。
1990年には、劇団夢の遊眠社、野田秀樹演出「贋作・桜の森の満開の下」で
文部大臣奨励賞・第9回日本照明家協会賞大賞を授賞なさっています!

さてさて今回はそんな北寄﨑先生の授業のレポートです。

今回の授業では、「劇場」の成り立ちを勉強していました。
エリザベス朝時代の劇場の起源から、
(エリザベス朝時代とは、
イタリアルネッサンスとほぼ同時期の1558年のエリザベス女王即位から
1642年の清教徒による劇場閉鎖までの時期だそうです)
常設的な劇場が建てられるまでの変遷など、歴史的な話から、
能舞台との類似点やイタリア式舞台について、
またはプロセニアムアーチについてなど、
基本的な劇場の作りについてお話していただきました。

20140528 特別講義1
板書きびっしり……


すごく難しい歴史の話かと思いきや、
シェイクスピアがグローブ座の俳優兼座付き作家だった、など、
ちいさな小話?もありましたよ。

20140528 特別講義3
イメージがわきやすいように、
イラストを見せていただきながら話をききました!

20140528 特別講義4
研究生もみんな真面目にメモをとっていました!


今日もみなさんお疲れ様でした!!
スポンサーサイト
プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。