スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色!!

みなさんこんにちは!!

4月も後半になり、皆さんは新生活には慣れましたか?
研究生は慣れないながらも頑張ってお勉強中です!!

今回はカラーフィルターについてお勉強しました!!

カラーフィルターをライトの前にかざし、光を透過させると
色がついた光を出すことが出来ます。

照明さんはこの色のついた光を操って、様々な表現をします。

つまり、舞台照明にとって、このカラーフィルターは
最も重要なものなんです!!

それでは見ていきましょう!!

これがカラーフィルターです。


フィルターの写真


これをシートに入れて

シート


光を出すと色がつきます。


光源

出た目



今回はこのカラーフィルターを実際の現場で使用するために
シートに入れたり、エリアごとに分けたり
という作業を、先輩社員と一緒におこないました。!!
(この作業を”色だし”といいます)


図面をじっくり見て、どこに何色が何枚必要か
確認しています。


図面

なんか使いたい写真



なお、図面上でカラーフィルターを
赤や青などの色の名前で書くことは
ほとんどありません。

基本的には色番号と呼ばれる数字で書かれます。

#59---→緑
#78---→水色

などです。

図面を見ながら、何色が何枚必要か
書き出しています。

数だし



必要な枚数が出たら、それらをシートに入れていきます。


色いれ中



シートに入れたら、それらをエリアごとに分けたり
並べたりします。

仕切り板


色だし途中




現場では色を入れたいところに
行くために、はしごを上ったりする所もあります。
そのために、色を手で持たなくても
肩に掛けることができるよう袋に入れることもあります。


Frの袋




色の準備出来上がりです!!

色ざる完成




ちなみにこのように色が入ったざるを

『色ざる』

といいます。

よって、改めまして・・・




『色ざる完成です!!』



今回の内容は照明さんが
まず最初に覚えなければならない色出しでした。


研究生も、いろんな色があることに驚いていた様子でした。

これらかもいろんなことを覚えて、
照明に親しんでいきましょう!!
スポンサーサイト
プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。