スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜で現場見学!

みなさんこんにちは!
とうとう梅雨入りしてしまいましたね。
いろんな場所でどんどん梅雨入りが聞こえるこの季節。
外は雨でも、劇場やライブハウスの中はいつだって快晴です!

そんなわけで、今回は横浜で公演がもう始まっている、
「アドルフに告ぐ」というお芝居の仕込みを見学に行ってきました!
宣材

今回は、仕込みから明かりづくりまでの3日間にお邪魔してきました。

舞台面
仕込み前の劇場舞台。広い!

打ち合わせ
打ち合わせから参加させていただきました。

大きな劇場で、お芝居、そして仕込みの照明さんの数も多い現場でした。
さぁいよいよ仕込みですよ!

機材
たくさんの機材が吊られるのを待っています。
上空
仕込みを上空からみるとこんな感じ。

客席
舞台セットが立ったら客席から見学していました。

初日は舞台道具が立ち始めて終了、
2日目は舞台の道具が完成して、フォーカスの見学、
そして3日目は明かりづくりの作業を、
打ち込んでいる卓の後ろから見学させていただきました!

充実した3日間でしたね!
お疲れ様でした!



さてさて、「アドルフに告ぐ」は、
マンガの神様、手塚治虫さんの代表作「アドルフに告ぐ」を、
演出・栗山民也さん、脚本・木内宏昌さん、
出演者に成河さん、松下洸平さん、髙橋洋さん、
そして鶴見辰吾さんなど、味の濃い役者さん達が出演される作品です。

チラシ
第二次世界大戦前後のドイツにおけるナチス興亡の時代を背景に、
「アドルフ」というファーストネームを持つ3人の男達を主軸に、
「ヒトラーがユダヤ人の血を引く」という機密文書を巡って、
巨大な歴史の流れに翻弄されていく、
様々な人の数奇な人生が描かれています。

14日まで横浜のKAAT神奈川芸術劇場で、
その後各地を回ります。
詳しくはこちら (KAAT神奈川芸術劇場のHP) (公式HP) です!

興味があったら是非見に行ってください!
原作を知らなくてもとても面白く、納得できる作品になっています!
ゼヒ若い人たちにも見てほしい作品です!
スポンサーサイト
プロフィール

舞台研究所スタッフ

Author:舞台研究所スタッフ
-プロの仕事に携わりながら
舞台照明を学ぶ-
スタッフがCAT舞台研究所の
日々をご紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。